新たにnoteにもアカウントを開設いたしました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.3.17)

次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

次の一手

正解は、▲8一歩成です!

 

8筋に歩を打てるようにする!

堂々と歩を成る手が正解でした!


解説

 

問題図は、こちらが駒得しているので先手が有利と言える局面ですが、ここで方針を見誤ってしまうと、たちまち形勢を損ねてしまいます。

 

次の一手

後手は、次に△7六歩と押さえる手が狙いの一つです。ただ、それを嫌がって▲7六歩と指すと、△8五飛で状況が悪化してしまいます。(A図)

 

また、問題図では▲4七桂と打つ手も考えられます。これは、△2四角に▲3五歩と打って、3三の桂を狙う意図ですね。

しかしながら、△4六歩で打った桂を目標にされる手が気になります。(第1図)

 

先手は、勢い▲3四歩と取り込みますが、△4七歩成▲3三歩成△同金▲4七金に、△8八歩が面倒な叩きの歩です。(第2図)

 

8筋

金や銀で取ると、△3八角が痛打ですね。飛車が逃げると△4七角成▲同銀△5七角成という攻め筋で、先手陣は崩壊します。

かと言って、▲8八同玉と応じるのは△8五飛の王手が嫌らしく、先手は良い対処がありません。

 

改めて、問題図に戻ります。

次の一手

上記の失敗例に共通していることは、8筋に歩が使えない弊害を突かれていることです。

つまり、問題図では、将来の△8五飛を予め備えておく手が求められており、それが▲8一歩成なのです!(解答図)

 

8筋

ぼんやりとしているようですが、8筋に歩が打てるようになったことで先手陣は防御力が向上しており、それが高い価値を持っているのです。

例えば、ここで△8八歩と叩かれても、▲同玉△8五飛▲8七歩で、差し支えありません。△8一飛には、今度こそ▲4七桂が厳しい一着になります。(B図)

 

他には、解答図から△7六歩で拠点を作る手もありますが、▲8六銀△7二飛▲9一とで駒得を拡大しておきましょう。(第3図)

 

[銀桂香⇔角]の三枚替えなので、後手は悠長な真似はできなくなりました。したがって、△8五歩▲同銀△7七角と強硬手段に訴えますが、▲7三歩が冷静な対処。飛車先を止めてしまえば、この攻めは怖くありません。

 

後手は△8二飛と寄るくらいですが、▲7七桂△同歩成▲同金△8五飛▲8六歩と自然に応じておけば、大丈夫です。(第4図)

 

8筋

△7五飛には▲7六香で飛車が取れるので、後手は△8三飛と撤退するくらいですが、▲7八玉で形を整えておけば、先手陣は憂いがありません。

 

第4図は、このあと後手の飛車を責める手や、上部の開拓が楽しみなので先手が優勢と言えるでしょう。後手は駒損している上に、玉型も堅くはなく、明確な主張を持っていないことが辛いですね。

 

問題図では、先手は駒得しており急ぐ必要が無いので、相手を催促することが得策でした。ゆえに、▲8一歩成が最適な一着になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.3.17)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(2.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 無条件で、と金を作られると失敗です。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA