元奨励会三段が将棋をテーマにあれこれ書いています。

毎日次の一手(2018.11.28)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。 

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。良さを求めることが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲6六角です!

 

角を設置

角を据えて、手堅く△5五歩を防ぐ手が正解でした!


解説

 

問題図は、まだ本格的な戦いが起こっていないので、これからの将棋ではあるのですが、ここで方針を誤ると、先手は面白くない将棋になってしまいます。

 

毎日次の一手

後手は次に△5五歩を狙っています。それを突かれても先手はすぐに潰される訳ではありませんが、後手の持ち歩が増えると△1五歩▲同歩△1八歩▲同香△1七歩▲同香△1六歩という攻め筋が発生するので、何らかのケアはしたいところですね。

 

例えば、▲8五歩と打つ手は有力です。仮に△5五歩なら、▲7六銀△5六歩▲8四歩で8筋を突破できますね。(A図)

 

ただ、▲8五歩には△7四歩▲7六銀△8三歩と対応されると、互角の範疇を超えられません。(第1図)

 

角を設置しないと、互角に収まる

これでも先手に不満はありませんが、相変わらず△5五歩が残っていることや、7六の銀が前進しにいくいことが気懸かりです。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

▲8五歩→▲7六銀という手順は、遊び駒を使うので、着想としては悪くありません。けれども、ここではもっと効率の良い手順があり、それが▲6六角なのです!(解答図)

 

角を設置

これに対して、ぼんやり△3二金などと指すと、▲8四歩と高い位置で歩を打てることが先手の自慢です。後手は△4二金寄▲7六銀△6一角で8筋を受けるくらいですが、これでは屈服しているので辛い限りでしょう。(第2図)

 

彼我の角が設置されている場所に差があり過ぎる

ゆえに、後手は▲8四歩を打たれると不都合なので、解答図では△8三歩と辛抱しなければいけません。ただ、それなら▲7六銀で悠々と活用すれば、先手は優位を得ることができます。(第3図)

 

角を設置した効果で陣形が美しい

次は、(1)▲7五銀→▲8四歩や、(2)▲5七金→▲4六金といった攻めが楽しみです。加えて、第1図と違って、△5五歩を封じていることも見逃せないですね。

 

第3図は、豊富な攻め筋を残す先手に対し、後手は待っている事しかできないので、先手が指しやすい将棋でしょう。

 

問題図では、飛車先の逆襲を見せることで、△5五歩を緩和させることが急所でした。なので、▲6六角からそれを狙う手が正着になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2018.11.28)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 駒の損得を気にしている場合ではありません。

 

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA