元奨励会三段が将棋をテーマにあれこれ書いています。

毎日次の一手(2018.12.1)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲6六同玉です!

 

打ち歩詰め

堂々と相手の角を取ってしまう手が正解でした!


解説

 

問題図は、互いの玉が接近しているので、その状況を上手く利用して自玉の安全を図りたいところです。

 

毎日次の一手

例えば、▲5五銀打△同角▲4五銀打△5三玉▲5五銀と指せば、自玉はある程度、安全な状態になります。しかし、そこから△4二玉と早逃げされると、先手苦戦です。(第1図)

 

玉の早逃げ八手の得あり

先手は攻め駒が不足しており、後手玉を倒せる戦力が残っていません。対して、後手は△6三桂や△6五歩など、厳しい攻め筋を確保しています。なので、これでは芳しくないのです。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

先手は角を取り返さないと長期戦に対応できなくなってしまいますが、先述したように、銀を打って中央を厚くしても効果がありません。

手段に窮しているようですが、意外や意外、素直に▲6六同玉と応じれば、先手はピンチを切り抜けることができるのです!(解答図)

 

打ち歩詰め

後手は当然、△7四桂と王手を掛けますが、▲7五玉と逃げた格好が、打ち歩詰めを利用していて、思いのほか寄せられにくいのです。(第2図)

 

打ち歩詰め

ここで、(1)△6六角▲7六玉△9九角成には、▲5五銀打△5三玉▲7五歩が好手順。6六と7五の地点をケアすれば、先手玉は大丈夫です。(A図)

 

したがって、後手は(2)△6六銀▲7六玉△8六歩と迫ってきますが、▲8五桂が読みの入った受けで、先手は凌ぎ切ることに成功します。(第3図)

 

打ち歩詰め

(1)△8四金には、▲5五銀打で先手玉は包囲網を引き裂くことができます。(B図)

(2)△8五同飛にも、やはり▲5五銀打が急所。以下、△同銀▲同銀△同玉▲8五玉で、体勢を入れ替えることができました。(第4図)

 

包囲網を食いちぎった

この局面で後手玉には、▲5二飛から3二の金を取る筋で詰めろが掛かっています。加えて、▲5三飛から7三の金を抜く手もあるので、適切な受けが利きません。△4四玉と早逃げしても▲6二角で金が抜けます。

 

第4図の局面は、先手玉には詰みが無く、後手玉は有効な受けが無いので、先手勝勢と言えるでしょう。

 

 

問題図では、後手の玉を5四の地点から追わないことが急所でした。そうすることで、将来の▲5五銀打が絶好のカウンターになるからです。ゆえに、単に▲6六同玉で角を取る手が最善になる訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2018.12.1)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(2.5)

目的: 勝勢に持ち込む。

 

ヒント: 自玉はゼットです。踏み込みましょう。

 

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA