新たにnoteにもアカウントを開設いたしました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2018.12.25)

毎日次の一手(2018.12.25)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。勝勢に持ち込むことが目的でしたね。

 

毎日次の一手(2018.12.24)

正解は、▲1二銀です!

 

香の利きが通っている今がチャンス!

飛車取りに怯まず、銀を放り込む手が正解でした!


解説

 

問題図は先手が攻勢に出ていますが、[銀⇔角桂]の駒損なので、攻めが止まると不利に陥ってしまいます。

 

毎日次の一手(2018.12.24)

とりあえず、飛車取りの処置を考えなければいけません。▲2六飛で問題なければ良いのですが、△1五香で駒損が拡大するので、これは芳しくないでしょう。

よって、香を取られないために▲3五飛は一案ですが、△1三歩で辛抱されると容易ではありません。(第1図)

 

香の利きが閉じたので、大変

ここで▲3三銀打と打ち込んで行っても、1六の角が3筋に利いているので、攻め潰すことは不可能です。

それを踏まえて、▲1七歩という手はありますが、△2六角が手強い受けで、先手は大変です。(A図)

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手(2018.12.24)

確かに▲3五飛は自然な一手ですが、△1三歩と受けられると、1五の香が攻めに働かなくなってしまう点が痛いのです。

つまり、先手にとっては、この香の利きが通ってる今が最大のチャンスであり、この機を逃さない一手が▲1二銀なのです!(解答図)

 

香の利きが通っている今がチャンス!

(1)△同香は、▲同香成△同玉▲1五飛で王手角取り。(B図)

(2)△1三歩は、▲1一銀不成△同玉▲1三香成△同桂▲1五飛で、先手の攻めが決まっています。(第2図)

 

香の利きが通っている瞬間に踏み込んだので、寄せ切れた

(1)△3四角は、▲3五香。
(2)△2七角成は、▲3三歩成。

いずれも、自玉が安泰な状態で敵陣を攻め潰せるので、先手勝勢です。

 

問題図は、4枚の攻めを維持することが肝要でした。△1三歩を打たれてしまうと、先手の香は力を失うので攻め駒が減ってしまいます。それを避けるために、▲1二銀と打つ必要があった訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2018.12.25)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2018.12.25)

難易度
(2.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 相手の応手を限定させてください。

 

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA