最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2018.12.27)

毎日次の一手(2018.12.27)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手(2018.12.26)

正解は、▲8一竜です!

 

後手玉を露出させることが急所

爽やかに竜を切ってしまう手が正解でした!


解説

 

問題図は、先手のほうが玉は堅いのですが、駒割りは、ほぼ角損しているので巧みに攻めを繋げないと、駒が不足してしまいます。

 

毎日次の一手(2018.12.26)

例えば、▲7二桂成△同馬▲6二金が目に付きますが、△4五馬と逃げられると、あと一押しが足りません。(第1図)

 

玉を露出させないと、攻めが難しい

先手は▲6一とで進軍しても、次の▲7一とが詰めろにならないので、△6七歩成で一手負けです。(第2図)

 

後手玉が露出していないので、これは勝てない

次の△8七香成が、△8八香成▲同銀△8七桂までの詰めろです。手駒を持たない先手は、抵抗する術が無いですね。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手(2018.12.26)

このように、単純に成駒を寄せて行く攻めでは、△6七歩成→△8七香成の攻めに勝てません。

つまり、問題図ではもっとスピード感のある攻めが求められており、それが▲8一竜なのです!(解答図)

 

後手玉を露出させることが急所

これは△同玉の一手ですが、▲7二桂成△同馬▲6四桂と食い付いていくのが好手順です。(第3図)

 

後手玉を露出させたことで、攻めが厳しくなっている

これを△同角▲同歩で処理してしまえば、後手は手番を得ることができますが、5五の角が消えると、△6七歩成→△8七香成の攻めが発動できないので、先手は怖いところが無くなります。(A図)

 

したがって、後手は△5四馬と逃げるくらいですが、▲5七金直が駒不足を解消する催促で、先手は攻めを続けることができます。(第4図)

 

後手玉を露出させたので、攻め合い勝ち

[▲6四桂⇔△5四馬]の交換が入ったことで、後手玉がすこぶる薄くなっていることが、先手の付け目です。

後手は飛車を渡すと▲6一飛や、▲7二金△同馬▲同桂成△同玉▲5四角といった攻めが厳しいですね。かと言って、△3六飛と逃げても▲4六金と追いかけられて五十歩百歩です。

 

第4図は、玉型の差が大きい上に、大駒の入手が確定して攻めが切れないので、先手優勢と言えるでしょう。

 

相穴熊では、相手の玉を露出させることが効果的な攻めになるケースが多いです。そうすることで、「ゼット」という最大の利点を無効化できることが大きいのです。今回の▲8一竜も、その例に漏れない一着でしたね。

 

 

毎日次の一手 (2018.12.27)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2018.12.27)

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 詰めろを掛け続けてください。

 

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA