最新戦法の事情【6月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.2.23)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。勝勢に持ち込むことが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲3四桂です!

 

銀冠を崩す

桂を捨てる手が正解でした!


解説

 

問題図は、自玉付近にと金を作られた場面ですが、後手の攻めを切らすことは不可能なので、勝機を見出すには攻めに転じるしかないところです。

 

毎日次の一手

例えば、▲4一銀で金を狙う手は候補の一つでしょう。しかしながら、これには△5二銀で壁を作る受けが好手で、先手の攻めは頓挫します。(A図)

 

また、問題図から▲2四歩と叩く手も考えられますが、この手は詰めろでは無いので、△2六桂で攻め合われたときに困ります。(第1図)

 

▲2三歩成△同玉までは必然ですね。

そこから(1)▲2四銀△同玉▲3五角……という手順や、(2)▲3二竜△同玉▲2四桂△4二玉……という手順で王手は続きますが、いずれの変化も後手玉は不詰めなので、これは先手の一手負けです。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

確かに、▲2四歩と叩いて金銀の連結を分断するのは、銀冠を崩す常套手段ではありますが、この局面に於いてはスピードが足りていないのです。

 

つまり、問題図では、より速度のある手で金銀の連繋を打ち崩す手が求められており、それが▲3四桂なのです!(解答図)

 

銀冠を崩す

これに対して、(1)△1三玉とかわすと、▲3五角△2四銀▲2二銀で、後手玉は詰みます。(B図)

 

よって、▲3四桂には(2)△同銀と応じるよりないですが、▲1一角が胸のすく一着で、先手の寄せが決まります。(第2図)

 

送りの手筋

(1)△2三玉は、▲2四歩。
(2)△3一玉は、▲3三角成△同金▲2二銀。

いずれも、受け無しに追い込めます。

 

第2図で後手に残された手段は、△1一同玉▲3二竜で角を入手して、先手玉を詰ますしかありません。ただ、△1八と▲同玉△2六桂と迫っても、▲1七玉で大丈夫ですね。(第3図)

 

ここで△2五桂と跳ねても、▲2六玉と上がった格好が、金が無い限り詰まない「横ゼット」なので、後手は迫りようが無いのです。

 

第3図は、後手玉が必至で先手玉は不詰めなので、先手勝勢ですね。

 

問題図では、△2六桂を打たれる前に後手玉を寄せ切らなければいけない場面でした。ゆえに、▲3四桂→▲1一角がその条件を満たす手順になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.2.23)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 先手は、歩が欲しいですね。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA