新たにnoteにもアカウントを開設いたしました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.1.11)

毎日次の一手(2019.1.11)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手(2019.1.10)

正解は、▲7五香です!

 

昨日の解答

7筋に香をタダ捨てする手が正解でした!


解説

 

問題図は、こちらの穴熊のほうが金銀の数が多いので、先手が優位に立っていますが、1一の竜が眠っていることが気懸かりですね。

 

毎日次の一手(2019.1.11)

しかしながら、ここで▲1三竜と活用したところで、あまりピンとは来ないですよね。事実、△6六桂と跳ねられると先手は攻め合い負けが濃厚です。(第1図)

 

▲6八金寄と逃げても、△7八歩▲8九金△7九角という強攻がうるさく、先手の旗色が悪いですね。(A図)

 

また、問題図から▲7三成桂△同桂▲7二銀と絡みつく手もありますが、△8一角が厄介な粘りです。(第2図)

 

ここから▲同銀成△同玉が自然な進行ですが、相変わらず△6六桂の攻め筋が速いので、先手は容易ならざる局面です。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手(2019.1.10)

このように、先手はいきなり寄せに向かうのは時期尚早です。かと言って、△6六桂と跳ねる攻めがあるので、ゆっくり竜を活用する余裕もありません。

つまり、問題図では△6六桂を防ぎつつ、寄せの準備を進める手が求められており、それが▲7五香なのです!(解答図)

 

昨日の解答

△6六桂には▲7三香成△同銀▲7一金で後手玉に必至が掛かりますね。

また、△3九飛成とこの香打ちを無視する手には、▲7四香△同銀▲7三桂というスマッシュがあります。(A図)

他には、△7五同飛もありますが、▲3一竜で遊んでいた竜が戦線に復帰しますね。(第3図)

 

詰めろを受けるには△7一歩しかありませんが、▲7三成桂△同銀▲7二歩が痛打で、先手勝勢です。(第4図)

 

改めて、解答図に戻ります。

昨日の解答

後手は▲7五香を取っても無視しても都合が悪いので、△4七角と打って7四を強化しておく手が最も粘り強い手です。ただ、これには▲7三成香△同桂▲7二金としがみつく手が効果的ですね。(第5図)

 

[▲7五香⇔△4七角]の交換が入ったことにより、△6六桂を封じていることが先手の自慢です。△6六桂さえ阻止しておけば、先手玉は寄り付きません。

後手は攻める手段が難しいので、△7一歩と催促するくらいですが、▲8二金△同玉▲7四香△同角成▲8六桂△6四馬▲1三竜で先手の攻めが続きます。(第6図)

 

次の▲7四歩を見せながら竜を活用させる味の良い一手ですね。問題図から単に▲1三竜と引いた第1図とは、雲泥の差があります。

第6図は、次に▲7四歩や▲6二銀が楽しみですし、金の質駒を確保しているので竜が遊んでいた問題点も改善しています。一方的に攻めれる態勢なので、先手が優勢ですね。

 

問題図では、とにかく△6六桂を跳ねさせないことが急所でした。ゆえに、▲7五香が最適な一手になる訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.1.11)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2019.1.11)

難易度
(2.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 敵玉を上手く利用してください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA