最新戦法の事情【8月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.5.31)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。勝勢に持ち込むことが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲6五馬です!

 

攻防手

馬を中央へ引き付ける手が正解でした!


解説

 

問題図は、先手のほうが玉の安全度で上回っているので優位に立っています。ただ、攻め駒が不足しているのでそれを改善したいところではありますね。

 

毎日次の一手

駒を蓄えるのであれば▲8九飛で成香を取る手が候補の一つです。しかし、△9八飛成のときに、どう対応すれば良いでしょうか。(第1図)

 

毎日次の一手

▲7五香と打っても△7三桂と受けられ、先手が忙しい状況は変わりません。そこで▲8八金と弾いても、△8九竜▲同金△6九銀と踏み込まれて先手敗勢です。(第2図)

 

(1)▲同玉は、△3九飛▲4九銀△4七角▲5八金打△6八歩で、先手玉は即詰みです。

(2)▲4七玉と逃げれば詰みは回避できますが、△2九角で合駒請求されると後手玉が安全になってしまうので、これも先手は勝てません。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

上記の失敗例に言えることは、2一の馬が働きの無い駒になり果てていることです。確かに▲8九飛と指せば手駒は増えますが、先手は元より攻め駒が少ないので、遊び駒を残したまま勝ち切れるほどの余裕はないのです。

 

したがって、問題図ではあの馬を活用する手が求められており、それが▲6五馬なのです!(解答図)

 

攻防手

これに対して受けるなら△8三金が一例ですが、▲7四金と圧し掛かる手があるので一手の価値がありません。

よって、▲6五馬には△9八飛成と成ってくることになりますが、そこで▲2四飛がスマートな一着で、先手は勝勢を確固たるものに出来ます。(第3図)

 

毎日次の一手

これは▲6三銀以下の詰めろになっているので、後手は飛車を取ることは不可能です。

後手に残された手段は、

(1)先手玉を詰ます。
(2)合駒請求で戦力を削ぐ。

このどちらかしか道はありません。よって、第3図では△7八竜▲4九玉△7九竜と追うのが有力ですが、▲3八玉と逃げておきましょう。

合駒を使うと(2)の条件を満たしてしまうので、怖くとも玉をかわす一手です。(第4図)

 

ここでは△2九銀が最も際どい迫り方ですが、▲2九同飛△同竜▲同玉△1七桂▲1八玉が的確な対応で、先手は逃げ切りに成功しました。(第5図)

 

6五の馬の利きが心強く、先手玉は見た目以上に生命力があります。

ここから(1)△2六桂は▲1七玉で問題ないですし、(2)△2七銀▲同玉△1五桂も▲同歩△1六金▲同玉△1五歩▲1七玉で大丈夫ですね。

 

第5図は、先手玉は不詰めであり、後手玉は一手一手の寄りなので先手勝勢と判断できます。

 

問題図では、▲2四飛が決め手になる状況を作ることが急所でした。ゆえに、▲6五馬が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.5.31)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(5.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 後手の守備駒の核となる駒を見抜いてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA