新たにnoteにもアカウントを開設いたしました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.2.5)

まいにち次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。良さを求めることが目的でしたね。

 

まいにち次の一手(2019.2.4)良さ

正解は、▲4五歩です!

 

まいにち次の一手

歩を打って、位を設置する手が正解でした!


解説

 

問題図は、2筋でポイントを稼いでいるので、先手の模様が良い局面ですが、まだ具体的な戦果を上げた訳ではないので、ここからの攻め方が大事であると言えます。

 

まいにち次の一手(2019.2.4)良さ

例えば、後手陣は端が薄いので、▲1六歩と突く手はどうでしょうか。これを、△同歩なら▲1三歩△同香▲2五桂という要領で、うるさい攻めが続きます。

ただ、▲1六歩には△4四桂が厄介な反撃です。(第1図)

 

これを(1)▲1五歩と手抜くのは、△5六桂▲同歩△4七歩が面倒なので、(2)▲4七銀と引くのはやむを得ないのですが、△4六歩▲5八銀△7五歩▲同歩△8五桂と畳み掛けられて、先手が芳しくありません。(第2図)

 

(1)▲8六銀は△5五角が受けにくいですし、(2)▲8八銀は、△1六歩で歩を補充されるのが嫌味です。

先手は何発でも△7七歩と叩かれるので、▲1三歩などの歩を渡す攻めが実行しにくくなっていることが歯がゆいですね。

 

改めて、問題図に戻ります。

まいにち次の一手(2019.2.4)良さ

確かに、1筋は後手陣の薄い部分ですが、本丸に到達するまでに時間が掛かるので、どうも攻め足が遅いようです。

したがって、問題図では、もっと手っ取り早く後手の囲いに向かう必要があり、それが▲4五歩なのです!(解答図)

 

まいにち次の一手

これは、△4四歩と合わされると無効化されてしまいそうですが、▲同歩△同銀▲4五歩と打てば、後手はこの歩を取ることが不可なので、その心配はありません。(A図)

 

後手は攻めるなら△8五桂と跳ねる手が候補ですが、▲4四桂が期待の一着。これには△3一玉とかわすくらいですが、こちらも▲8六銀と逃げておきます。(第3図)

 

ぱっと見は、ただ桂を打ち込んだだけのようですが、これによって、後手陣に制約を与えていることが先手の自慢です。具体的には、▲3五歩△同歩▲3二歩の筋を作ったことで、歩を渡しにくくした効果があります。

 

第3図で後手は有効手が難しいので、△4六歩ともたれるくらいでしょう。これは、次に△5五桂と打つ手を狙っていますが、▲6一角がそれを許さない好打です。(第4図)

 

これは、次に▲4三角成が狙いです。(1)△同銀は▲6三金で後手の角が取れますし、(2)△同金は、▲3二金から飛車を奪って▲6二飛と打てば王手角取りですね。

 

第4図は、玉型の安全度と大駒の効率に差が着いているので、先手が有利と言えるでしょう。

 

問題図では、持ち駒の桂の有効な使い道がなかったので、それを作ることが急所でした。ゆえに、▲4五歩がそれを満たす一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.2.5)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 持ち駒の桂の使い道を作ってください。

 

解答図から、後手が△5二桂と指した局面です。巧みに攻めを繋げてください。

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



2 Comments

note1129

以前に竜王戦第7局の棋譜解説をお願いした者です。
その節は有難うございました。
再びリクエストさせて頂きたいのですが、昨日のC級1組藤井ー近藤戦を
お願いできますでしょうか。
藤井七段の大記録も見たかったですが近藤五段の強さに感動しました。
お忙しいとは思いますが宜しくお願い致します。

返信する
あらきっぺ

その将棋は有料コンテンツの棋譜なので、申し訳ありませんが、ご遠慮させて頂きます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA