noteにもブログを開設いたしました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.2.7)

将棋次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。勝勢に持ち込むことが目的でしたね。

 

将棋次の一手

正解は、▲7三角です!

 

将棋次の一手

角を打って、金を攻める手が正解でした!


解説

 

問題図は、こちらの玉に一手の余裕があるので、ここから詰めろを連続させれば先手の一手勝ちが見込める局面です。

 

金を狙う

例えば、▲7三桂成は自然な迫り方ですね。これは、次に▲6二金や▲6三成桂といった手で詰めろになっていますね。

しかし、▲7三桂成には△6一銀が強靭な受けで、先手は粘りに手を焼くことになります。(第1図)

 

飛車の横利きをブロックされると、先手は攻め足が鈍化してしまいます。

ここで(1)▲6三成桂と寄っても△4二玉から右辺へ逃走されますし、(2)▲6二金と打ち込んでも△同銀▲同桂△同玉で、容易ではありません。

 

改めて、問題図に戻ります。

金を狙う

なぜ▲7三桂成という攻めは上手くいかないのでしょうか? それは、金を攻めていないからです。

つまり、△6一銀を打たれると、5一の金にアタックできなくなっているので、攻めが鈍化してしまうのです。

 

したがって、問題図では、5一の金を直接的に狙う手が求められており、それが▲7三角なのです!(解答図)

 

将棋次の一手

これに対して、先程と同じように△6一銀と守るのは、▲5一角成△同玉▲6二金で後手玉を即詰みに討ち取ることが可能です。(A図)

また、△4二銀打と受けるのは、▲6二金と放り込めば5一の金が取れるので、これも寄りでしょう。

 

このように、後手は角の利きが直射していると支えきれないので、解答図から△6二香で遮断するのも一案ですが、構わず▲同角成とぶった切ってしまうのが鋭敏な寄せです。(第2図)

 

後手は△同玉と取るより無いですが、▲7三桂成△5二玉▲6三成桂△同玉▲6四香△同玉▲6五金で強引に後手玉を引っ張り出すのが有無を言わせぬ攻め方で、寄り形を築くことに成功しました。(第3図)

 

(1)△同玉は、▲6六飛△5五玉▲7五飛成から詰み。

(2)△6三玉には▲5一飛成で金を拾っておけば、後手玉は受け無しですね。

第3図は寄せが決まっているので、先手勝勢です。

 

相手の玉に一番近い金を攻めることはセオリーの一つで、汎用性が高い寄せ方です。解答図の▲7三角も、その例に漏れない一手でしたね。

 

 

毎日次の一手 (2019.2.7)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2019.2.7)

難易度
(2.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 銀冠の急所は……?

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA