最新戦法の事情【振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.2.19)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。勝勢に持ち込むことが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲8一角です!

 

▲8一角

8二の飛車が縦に動けない弊害を突く手が正解でした!


解説

 

問題図は、後手は5五に角を打って△4六角を狙っているので、先手は忙しい局面を迎えています。

 

毎日次の一手

後手の狙いを受けるなら▲3七銀と上がれば事足りますが、△3三桂で飛車の利きを遮断されると、先手はチャンスを逸してしまいます。(A図)

よって、先手はこの桂を跳ねられる前に、何か手を作らなければいけません。

 

例えば▲2六角が考えられます。後手は飛車の横利きが止まると、3二の金がタダなので攻めが決まったように見えますが、△4五銀▲同歩△4二玉のときが面倒です。(第1図)

 

ここで▲3七銀と指そうものなら、△3三金▲3五飛△2四金で先手の飛車が詰んでしまいます。

強引に攻めるなら▲3二飛成△同玉▲5三角成ですが、△5二金で決定打には至りません。

 

また、問題図から▲3一角も有力ですが、△4五銀▲同歩△4一桂が強靭な受けです。(第2図)

 

ここから▲8四銀と食らいついても、△6五歩▲8三銀成△5二飛で簡単には決まりません。先手は大駒が二枚とも狭いので、この変化も忙しいですね。(B図)

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

上記の指し手は、5三の地点を狙うことが趣旨でしたが、その攻め方では△4五銀で桂を取り除かれたときに威力が削がれてしまうので、決定打を与えることが出来ません。

つまり、問題図では、△4五銀で桂を食いちぎられる余裕を与えない攻めが求められており、それが▲8一角なのです!(解答図)

 

▲8一角

△同飛は▲3二飛成があるので、後手はこの角を取れません。

銀取りと▲3二飛成を同時に防ぐには、△5四銀と指すより無いですが、▲5三桂成△同銀▲5四角成で、先手の攻めは炸裂しました。(第3図)

 

(1)△同銀は、▲同飛△5二飛▲5三銀で後手陣は崩壊しています。

(2)△7七角成▲同桂△5四銀のほうが頑張れますが、▲同飛△5二銀▲5五角で後手は収拾がつきません。(第4図)

 

第4図は、次に▲1一角成や▲6四角、▲6三銀といった攻め筋が厳しいですね。自玉が安泰な状態で一方的に攻めているので、先手勝勢と断言できるレベルです。

 

この▲8一角と打つ筋は、後手が△7三桂と跳ねていて、かつ△5五角と打たれたときにしか存在しない攻め筋なのでレアケースですが、成立すれば相手に決定的なダメージを与えることが可能です。覚えておいて損はないでしょう。

 

 

毎日次の一手 (2019.2.19)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(2.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 後手陣が整う前に戦いを起こしましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA