最新戦法の事情【6月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.2.17)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲2四飛です!

 

反動に配慮した攻め方

飛車を走る手が正解でした!


解説

 

問題図は、彼我の囲いの強度に差が着いているので、その分、先手が優位に立っていますが、先手は駒損しているので悠長な真似はできないところです。

 

昨日の解答

なので、先手は何かしら攻める手が要求されています。例えば、▲4四角△同角で飛車を取る手は目につきますね。しかし、これは逆に忙しくなっている節があるので、先手は自ら選ぶ局面ではないでしょう。(A図)

 

また、問題図から過激に迫るなら▲8三桂と放り込む手もありますが、△8三同銀▲7三歩成に△7六桂の反撃が厳しく、先手は奈落の底へと突き落とされます。(第1図)

 

桂を渡すと反動が強すぎる

角が移動すると、△8八銀が激痛です。さりとて、▲8三とで手抜きしても、△8八桂成▲同玉△5五角が王手飛車なので、先手は処遇に困っています。

 

改めて、問題図に戻ります。

昨日の解答

このように、後手にとって、角や桂は喉から手が出るほど欲しい駒なので、それを渡すような攻め方では反動が強く、芳しくないのです。

つまり、問題図では、それらの駒を渡さないような攻め方が求められており、それが▲2四飛なのです!(解答図)

 

飛車交換

(1)△同角▲4四角と進めば、先手がはっきり優勢。飛車交換になれば、先手の美濃囲いが光り輝いていますね。(B図)

 

という訳で、後手は(2)△2三銀打と辛抱するほうが頑張れますが、銀を使わせたことに満足して、▲2六飛と引いておくのが賢明な一着です。(第2図)

 

緩いようですが、飛車を四段目に配置することで、囲いの防御力を高めていることが、この手の自慢です。

 

さて。後手は△4九飛成と成り込むことができますが、それには▲3三角成△同桂▲8三桂が痛快無比な一撃。これは後手が参っていますね。(C図)

 

改めて、第2図に戻ります。

後手は、7筋の拠点を残したままでは自玉が危険なので、ここでは△7四飛と歩を払うのが妥当なところでしょう。

けれども、▲3三角成△同桂▲7五歩△同飛▲7六歩△7四飛▲2二角と応接しておけば、先手の優位は揺るぎません。(第3図)

 

先手は香を取ると、▲7五香と打つ狙いが発生するので、この角打ちは見た目以上に威力の高い一手になっています。

 

第3図は、三原則(玉型・損得・効率)の全てでアドバンテージを握っているので、先手が優勢でしょう。

 

問題図では、先手の飛車が良い位置ではなかったので、それを改善することが急所でした。ゆえに、▲2四飛が有効な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.2.17)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(4.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 後手玉を直ちに仕留める手段はありません。違う場所に目を向けてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA