最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.7.20)

次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

次の一手

正解は、▲2六桂です!

 

桂は控えて打て

「桂は控えて打て」という格言に則る手が正解でした!


解説

 

問題図は飛車の働きに差が着いているので先手が指しやすい局面ですが、先手は左辺を食い荒らされているので悠長な態度は取れないところです。

 

こういった場面で頻出する手筋は▲2二歩ですが、今すぐにこれを決行すると△2四香という切り返しを誘発するので上手くいきません。(A図)

 

では、視点を変えて▲8四角と左辺から着手する手はどうでしょうか。金取りと▲7三歩成という攻め筋を同時に見せています。しかし、△6三金が堂々たる一着で、思いのほか効果が上がらないのです。(第1図)

 

ここから▲8一歩成△同飛▲7三歩成と進めれば後手の金を取れますが、△7三同金▲同角成△8八飛成で自玉が危うくなってしまいます。(B図)

この変化は、後手の懸案事項であった「飛車の働きの悪さ」を改善されていることが気に食わないところですね。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

桂は控えて打て

確かに▲8四角のような「金を狙う」攻めはセオリーではあるのですが、この局面に於いては後手玉の右辺が広いので、まだ時期尚早と言えます。

したがって、問題図では後手玉の可動域を狭めるような手が求められており、それが▲2六桂なのです!(解答図)

 

桂は控えて打て

これは狙いが▲3四桂しかないので、それを防ぐだけなら簡単に受かります……が、どのように受けても味が悪いですね。例えば、△2五角では働きが悪すぎて打ち切れないでしょう。

後手としては△3三香が最も手堅い受け方ですが、そこで▲2二歩が絶好の一着。この手を指したいがために、先手は2六に桂を打ったのです。(第2図)

 

桂は控えて打て

今度は▲2二歩に対して反発する手段が無いので、後手は渋々、△同金と応じるくらいです。先手は首尾よく敵玉を狭くすることが出来たので、▲8四角を決行しましょう。

以下、△6三金▲8一歩成△同飛▲7三歩成△同金▲同角成△8八飛成▲7八歩までは一本道ですが、その局面は先手が優勢ですね。(第3図)

 

桂は控えて打て

次は▲6四銀→▲5三銀成という攻め筋がすこぶる速いのですが、後手はそれを上回る攻めが繰り出せません。2筋が壁になっているので直線的な斬り合いは先手に軍配が上がります。それが先手優勢の理由ですね。

 

問題図では、▲2二歩の利かしが確実に入る状況を作ることが急所でした。ゆえに、▲2六桂が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.7.20)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻め」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(3.5)

目的: 勝勢に持ち込む。

 

ヒント: △3三歩→△3四歩を間に合わせないようにしましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA