最新戦法の事情【7月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.3.27)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

次の一手

正解は、▲8八銀です!

 

足掛かり

相手の足掛かりを消してしまう手が正解でした!


解説

 

問題図は先手のほうが玉型が安定しているので、その分、優位を握っています。しかし、8七の成桂が不気味な存在なので、安心はできません。

 

攻めを考えるのであれば、▲6三銀打△8二飛▲7五歩が一案ですね。しかし、それには△8八角が厳しい反撃になります。(第1図)

 

足掛かり

▲6八玉と逃げる一手ですが、△6六角成▲同歩△8八飛が強烈で先手玉には詰めろが継続してしまいます。これでは一手負けですね。

 

よって、問題図では受けに回る必要があります。例えば、▲6八玉と早逃げする手が候補ですね。ただ、やはり△8八角が面倒な追撃です。(第2図)

 

足掛かり

相変わらず、△6六角成→△8八飛が痛烈なので、先手は▲2六飛とエスケープするくらいですが、飛車が6六から移動すると攻撃力が削がれてしまうので、芳しくないと言えます。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

このように、先手は△8八角を打たれてしまうと、彼我の玉の安全度が逆転してしまうのです。

したがって、問題図では△8八角を阻止する手が求められており、それが▲8八銀なのです!(解答図)

足掛かり

もったいないようでも、ここに銀を投資すれば自玉の安定感を維持することが可能になります。なお、▲7八金も△8八角を防いでいますが、△5九角という攻め筋が発生するので、感心しません。(A図)

 

さて。▲8八銀に対して、(1)△同成桂▲同玉となると、先手陣の危機は去っています。(第3図)

 

足掛かり

後手は寄せの足掛かりを失ったので、先手陣に手出しができません。対して、先手は次に▲8五桂→▲6四飛という着実な攻めを用意しているので、これは明快に優勢です。玉型の差が甚だしいですね。

 

という訳で、解答図から後手は△8六成桂と辛抱するのは致し方ないところ。ですが、▲8七歩△8五成桂▲7七桂△8四成桂で成桂を追い払ってしまい、▲5三銀打と迫れば問題ありません。(第4図)

 

足掛かり

成桂を撤退させたことで先手は自陣が安泰になり、攻めに専念できる態勢になったことが大きいですね。第4図は玉型の差が歴然なので、先手が優勢と言えるでしょう。

 

問題図では、相手の寄せの足掛かりを、かき消すことが急所でした。ゆえに、▲8八銀が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.3.27)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

次の一手

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 効率よく後手の狙いを封じてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA