最新戦法の事情【6月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.4.24)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「悪手探し」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。問題に齟齬がないように注意しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

次の一手

選択肢

(A)▲7六飛
(B)▲1五桂
(C)▲4五桂
(D)▲5五桂

(A)と(B)です!

 

次の一手

 

次の一手

▲7六飛と▲1五桂が悪手でした。


解説

 

まずは、何故これらの手が悪手なのかを説明します。

 

次の一手

(A)の▲7六飛は相手の拠点を払いつつ、△8六歩▲同歩△同飛から飛車の素抜く筋を警戒した意味ですね。

しかし、△7五歩▲同飛△6四銀打で飛車を追われると、後手に形勢を持ち直されてしまいます。(第1図)

 

次の一手

これは▲7六飛と逃げるしかありませんが、△7五歩▲3六飛△3四歩で傷を修復されると先手は攻めの糸口を見失ってしまうので、望ましい進行とは言えないでしょう。(A図)

 

次に、問題図から(B)の▲1五桂を解説します。これは自然に△2二金と引かれると、利敵行為になってしまいます。(第2図)

 

ここで二の矢が無いと、先手は1五に桂を打った意味が無いですね。一見、▲4五桂が厳しいようですが、△7七銀が鋭敏な切り返しで決定打には至りません。(B図)

 

話を整理すると、▲7六飛では手番を渡しており、▲1五桂は戦力の無駄使い。ゆえに、これらの手は悪手なのです。

 


他の手について

 

上記の失敗例に共通していることは、自ら攻め駒の効率を悪くしていることです。確かに、飛車は3六に置いておくほうが後手玉にプレッシャーを掛けていますし、端に桂を使うようでは変調と言えます。

 

(C)の▲4五桂は、飛の利きが敵陣に直射している利点を最大限に活かした一着ですね。(第3図)

 

△同歩とは取れないですし、角が逃げることも不可能ですね。また、この局面では▲3二銀打という王手金取りが残っているので、後手は△7七銀を放り込むことができません。これは先手の攻めが突き刺さっています。

 

次に、(D)の▲5五桂の話をします。素朴な銀取りですが、見た目以上の厳しさを秘めた一手です。(第4図)

 

これに対して、後手は△8六歩の攻め合いが成立すれば話は旨いのですが、▲6三桂成△8七歩成▲4四角で過激にケンカを買われると競り負けてしまいます。(C図)

 

したがって、後手は▲5五桂には△5四銀とかわすことになりますが、今度こそ▲7六飛が味の良い攻防手になります。(第5図)

 

次は▲7二飛成や▲3四歩△同金▲4六桂といった攻め筋が楽しみですね。

この変化はA図と違って、後手は自陣に傷が多く、2一の銀を取りきれる局面にはなりません。先手は駒得でかつ無理なく攻めが続く格好なので、優勢は明らかでしょう。

 

 

問題図では2一の銀が生きている間に後手陣を攻略することが急所でした。▲7六飛や▲1五桂はその条件を満たしていないので、悪手になってしまうという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.4.24)

 

冒頭に記したように、今月のテーマは「悪手探し」です。ルールは、以下の通りです。

4つの選択肢の中に、悪手が少なくとも一つ含まれております。それを見つけ出してください。(悪手の数が一つとは限りません)

 

ちなみに、選択肢の全てが悪手ということはありません。つまり、悪手の数は1~3ということになりますね。悪手を見抜いて、局面を有利な方向へ導いてください。

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

選択肢

(A)▲2二飛成
(B)▲2五飛
(C)▲7五同銀
(D)▲7三歩

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 後手が抱えている制約を逆手に取りましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA