最新戦法の事情【8月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.6.3)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲6八飛です!

 

毎日次の一手

手厚く飛車を使って受ける手が正解でした!


解説

 

問題図はこちらが攻め込まれてはいますが、後手の攻めはすこぶる細いので受け切りが期待できる局面ではあります。上手く相手の攻め駒に働き掛けたいところですね。

 

毎日次の一手

例えば▲5六角はどうでしょう。△8七歩を防ぎつつ、7八の銀取りになっています。しかし、これは△6九飛成▲4八玉△6七銀不成で手番を取られてしまうので芳しくありません。(A図)

 

このように、先手は△6九飛成を許してしまうと攻めを切らすことが困難になってしまいます。なので、▲5九飛という受け方も考えられるのですが、今度は△8七歩が厄介な攻めになります。(第1図)

 

(1)▲7九飛は△8八歩成で攻めが厚くなってしまいますね。よって、(2)▲8七同金は必然ですが、△5九飛成▲同金△8七銀成▲同角△2八金と咬みつかれると、先手はなかなか相手の攻めを振りほどけません。(第2図)

 

毎日次の一手

異筋の金打ちではありますが、後手は香を入手すれば△8八飛と打つ手の威力が高まるので、見た目よりもうるさい攻めなのです。

第2図は、後手の攻め駒が増えてしまうので先手は受けに回る条件が悪くなっていると言えます。もう少し良い受けを模索したいところですね。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

上記の失敗例に言えることは、△6九飛成と△8七歩という攻め筋の片方しかケア出来ていないことです。

つまり、問題図ではこの複数の攻め筋をシャットアウトする手が求められており、それが▲6八飛なのです!(解答図)

 

昨日の解答

この受け方なら上記の攻め筋を両方とも防いでいますね。△8七歩にはもちろん▲7八金です。

後手は銀をタダで失う訳にはいかないので△8九銀成▲同金△7七飛成とするくらいですが、▲8八飛が冷静な応接で、分かりやすい局面に誘導することが出来ました。(第3図)

 

受けの好手

△8六桂に▲8七角と逃げる場所を作りながら飛車成りを見せた一石二鳥の一手です。後手は攻め駒が竜と桂の二枚だけなので、攻めを繋げることが出来ません第2図との違いは歴然ですね。

 

もし問題図で持ち駒に金を持っているならば、迷わず▲6八金と受けると思います。それを考えれば▲6八飛を発見することが出来たのではないでしょうか。

持ち駒の飛は、金の代用となるケースがしばしばあります。応用が利きやすい概念なので、覚えておくと良いでしょう。

 

 

毎日次の一手 (2019.6.3)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「受け」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 「こうなるとダメ」という展開を見抜いてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA