最新戦法の事情【7月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.6.8)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。勝勢に持ち込むことが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲1五歩です!

 

歩の犠打を放つ手が正解でした!


解説

 

問題図は後手玉がゼットなので、先手は一手の余裕を作らなければいけません。どのようにして後手の詰めろを途絶えさせるかが先手に与えられた課題です。

 

毎日次の一手

平凡な受けは▲1六歩なのでしょうが、これでは逃げ道が狭くなるので損な取引を受け入れています。具体的には、△2五桂と迫られたときに困っていますね。(第1図)

 

(1)▲2六玉は△1七角以下、詰み。
(2)▲2八玉は、△1七角▲1八玉△4八香成で受け無し。

残る場所は(3)▲1八玉ですが、△4八香成▲同金△3九角で先手玉には必至が掛かってしまいます。(第2図)

 

解説

1七の地点に数が足りていないので、先手は分かっていても受けがありません。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

このように、先手は玉が下段へ落ちる格好になると、△4八香成で金を取る手が詰めろで入ってしまうので受け切れなくなります。

したがって、問題図では玉を上部へ脱出させる手が求められており、それが▲1五歩なのです!(解答図)

 

解説

「大駒は近づけて受けよ」という格言がありますが、それを応用した犠打ですね。

これに対して、△2五桂と打つのは▲1六玉と逃げられることが先程との大きな違いです。これは先手玉に詰めろが続きません。(A図)

 

他には△1五同香と歩を取ってしまう手もありますが、今度は▲2六玉と上に移動する手が成立します。以下、△1七角と追われても▲1五玉でやはり先手玉は捕まらないですね。(第3図)

 

解説

香を近づけた効果でこの手が指せることが先手の自慢です。

ここで△1四歩には▲1六玉で問題ありません。また、△4八香成と指しても詰めろにはならないので▲4二竜が間に合います。第3図は先手玉に詰めろが掛からないので先手勝勢でしょう。

 

問題図では、1六の空間を確保することが急所でした。ゆえに、▲1五歩が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.6.8)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「受け」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 守るべき駒を見極めてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA