最新戦法の事情【7月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.6.7)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲8八歩です!

 

敵の打ちたいところへ打て

8八の地点に歩を埋める手が正解でした!


解説

 

問題図は先手玉が不安定な格好ですが、後手の攻め駒は[飛・角・桂]の三枚だけなので受け切りが望めそうな局面です。

 

毎日次の一手

先手は7六の桂を取りたいのですが、現状では飛車の利きが素通しなので▲7六銀とは指せないですね。それを踏まえると、▲8六歩が自然な一着に映るところです。

しかし、この手は△8八歩を許してしまうのが泣きどころ。以下、▲9七桂△8九歩成▲7六銀△9九とまでは妥当な進行でしょうが、この局面は先手不利です。(第1図)

 

次は△9八とが嫌らしいですね。ただ、それを▲8八金と受けても△7四歩でプレッシャーを掛けられると、先手はいずれ支えきれなくなります。

第1図は、後手に「4枚の攻め」を実現されているので、問題図よりも受けに回る条件が悪くなっています。それが形勢を損ねている原因と言えるでしょう。

 

では、問題図から▲4六桂△6五角▲6六歩はどうでしょうか。これは、角を逸らすことで▲7六玉を指せるようにする意味です。けれども、△6八桂成が鮮やかな返し技で、先手の思い通りに事は進みません。(第2図)

 

(1)▲同金右は△4七角成。
(2)▲同玉は△8七角成。

どちらの変化も、先手は収拾がつきません。

 

第2図では▲6五歩△5八成桂という進行を選ぶよりないですが、これでは4六に打った桂の働きがイマイチですし、7六の桂を取るという目的を果たせていないので不満は募るばかりでしょう。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

このように、先手は7六の桂を取るためには8筋を補強しなければいけませんが、その際、△8八歩を喫してしまうと本末転倒になってしまうことが分かります。

したがって、問題図では飛車の直射を緩和することと、△8八歩を防ぐことを両立する手が求められており、それが▲8八歩なのです!(解答図)

 

敵の打ちたいところへ打て

この受け方ならば△8八歩を打たれる心配は皆無ですし、次に▲7六銀を指すことが出来ますね。

後手は手をこまねいている場合ではないので△3六歩▲同銀△8八桂成▲同金△8七角成▲同金△8八歩と暴れてくるのが一案ですが、堂々と▲8八同玉と応じれば、後手を指し切りの状態に追い込むことが可能です。(第3図)

 

△8六歩と打たれても▲7七金で後続がありません。かと言って、他に有効な攻めも見えないですね。第3図は駒得が大きく、先手が優勢と言えるでしょう。

 

「敵の打ちたいところへ打て」という格言は、受けに回る際に役立つ訓えの一つです。解答の▲8八歩も、正にそのパターンに当てはまる一着でしたね。

 

 

毎日次の一手 (2019.6.7)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「受け」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(1.0)

目的: 勝勢に持ち込む。

 

ヒント: 習いある受けの手筋を使いましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA