最新戦法の事情【4・5月合併号・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.6.20)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲9九馬です!

 

9九のと金を取る手が正解でした!


解説

 

問題図は駒得が大きいので先手が優位に立っていますが、後手の玉を寄せ切るビジョンは相当に見えないので、まだまだ簡単ではない局面です。

 

毎日次の一手

先手は次に△8九竜と潜られると自玉の危険度が増してしまいます。なので、▲8八歩で通せんぼしておく手は候補の一つです。

しかし、ここに歩を打つと後手を安心させてしまう嫌いがあります。具体的には、△8六歩で上部を手厚くされたときが面倒ですね。(第1図)

 

入玉の阻止

これで後手は△8五玉→△9六玉というルートを確保したので、入玉がほぼ確約されました。対して、先手はまだ入玉できることが保証されていないので、この長期戦は嬉しい戦いではありません。

第1図はすぐに負けることはありませんが、先行きが不透明なので優位とは言い切れないでしょう。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

このように、問題図では△8九竜だけ防げば良いという訳ではないことが分かります。後手の入玉も牽制する必要がある訳ですね。

したがって、問題図ではそれらを両立する手が求められており、それが▲9九馬なのです!(解答図)

 

入玉

戦場から離れている場所のと金を取ってもベネフィットがなさそうですが、これが将来をしっかり見据えた好手です。

後手は攻めるとなると△2九銀が一案ですが、堂々と▲2八飛と寄って差し支えありません。△8九竜を消されているので火力不足ですね。(A図)

 

そうなると、解答図で後手は△8六歩で受けに回るくらいですが、このやり取りは自玉が安全になった先手が得をしました。よって、▲4四馬で攻めに転じましょう。(第2図)

 

入玉

狙いはもちろん、▲5三とです。後手は安易に金気を渡すと入玉するときに支障が出る(相手に寄せの足場を作られる)ので、△4一香と打って牽制することになりますが、▲8八歩で丁寧に受けておくのが賢明ですね。馬を活用させてから▲8八歩を打つのが卒のない手順です。(第3図)

 

入玉

後手は入玉を目指したいものの、今度は9九のと金が消失しているので上部に行っても自殺行為になりかねません。第1図との違いは歴然でしょう。

第3図は、▲5六香から金気を削っていく攻めが厳しいので先手良しです。入玉の心配をしなくても良いので、遅い攻めでも十分間に合う状況になっていることが大きいですね。

 

問題図では、後手の入玉を確定させないことが急所でした。ゆえに、▲9九馬が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.6.20)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「受け」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(4.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 7八の角が負担にならないようにしましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA