最新戦法の事情【8月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.7.10)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲4四飛です!

 

▲4四飛

大胆に飛車を切ってしまう手が正解でした!


解説

 

問題図は先手のほうが玉が堅いので指しやすい局面ですが、のんびりしているとその優位性が薄れてしまうので、何か策を講じなければいけません。

 

毎日次の一手

つまり、ここで平凡に▲5五歩と指しているようでは、△6五桂で形勢を損ねてしまうのです。(第1図)

 

▲4四飛

(1)▲6六歩は、△7七歩成▲同桂△同桂成▲同銀△8五桂がうるさいですね。

(2)▲5四歩で攻めに転じるのも△8八角成▲同銀△5五角で容易ではありません。これは7六の拠点が力を発揮しています。(A図)

 

また、問題図では▲5五角も考えられますが、△同角▲同歩△6五桂▲4三飛成△6九角が実戦的な食い付きで、これも簡単ではないでしょう。(第2図)

 

▲4四飛

次は△7八角成▲同銀△7七金からガリガリと攻める手が厄介です。こうなると先に囲いの金銀を削られてしまう展開なので、先手は大いに不満ですね。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

上記の失敗例に共通していることは、4六の飛が満足に働いていない展開になっていることです。どちらの変化も盤面の左側が主戦場になっているので、あの飛車は戦線から離脱しています。

したがって、問題図ではこの飛車が戦場から取り残されないようにする手段が求められており、それが▲4四飛なのです!(解答図)

 

▲4四飛

乱暴な一手に見えますが、8八の角を攻めに使いやすくすることが真の狙いです。後手は△4四同歩と応じるより無いですが、▲5五角が絶好の活用ですね。

そこから後手は△6五桂と跳ねるくらいですが、▲7三歩が痛烈な叩きで、先手の優位は確固たるものになります。(第3図)

 

▲4四飛

△同銀は、▲7四歩△6四銀上▲7三角と放り込んでいけば後手の囲いを崩せますね。

なので、△1二飛とかわすのが妥当な対応になりますが、▲5四角が手厚い攻め方。駒の補充を見込んでいるので、攻めが切れる心配はありません。(第4図)

 

後手は6五の桂を無条件で失う訳にはいかないので△7七歩成で清算するのが一案ですが、この桂交換は先手にとって得な取引です。なぜなら、7六の拠点が消える上に、▲7四桂という厳しい狙いが残るからです。

第4図は玉型の差が大きく、先手が優勢と言えるでしょう。加えて、飛車を受け一方の駒にさせたことで7五の銀の働きを低下させたことも見逃せないですね。

 

問題図では、5五の地点に角を居座ることが急所でした。ゆえに、▲4四飛が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.7.10)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻め」がテーマです。Let’s challenge!!

 

次の一手

難易度
(4.0)

目的: 均衡を保つ。

 

ヒント: 攻め駒の働きを改善してください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA