最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.7.17)

次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲7四歩です!

 

7筋の歩を捨てる手が正解でした!


解説

 

問題図は先手が大量に位を取って中央を制圧していますが、角銀交換の駒損なので戦いが長引くと少しづつ苦しくなってしまいます。

 

毎日次の一手

後手陣を攻めるなら▲7四銀が一案ですが、これは△7二銀とかわされたときに後続がありません。以下、▲6四歩と伸ばしても△4三金でしっくりこないですね。(A図)

また、▲6四銀とこちら側に打つ手も考えられますが、やはり△7二銀が強敵です。一見、▲5四歩△同歩▲同飛で中央が手薄なようですが、△4三金で補強されると先手の攻めは切れ模様でしょう。(第1図)

 

次の一手

ここで▲5三銀成△同金▲7四飛と指せば馬は素抜けますが、△6三銀打で飛車が捕まってしまうのでアウト。かといって、△4三金に飛車を撤退するようでは迫力がありませんね。

このように、直ちに持ち駒の銀を使うようでは単調で、これといって戦果が上がりません。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

上記の失敗例に共通している駒は、飛と銀だけの攻めになっていることです。後手玉は薄い格好ではあるものの、この戦力ではまだ倒しきれません。

したがって、問題図では攻め駒の増援を図る手段が求められており、それが▲7四歩なのです!(解答図)

 

これに対して、(1)△同銀は▲7五銀で手番を握りながら後手の守備駒を剥がせます。

なので、後手は(2)△同馬が妥当ですが、▲7五金右で金を前進させましょう。以下、△9二馬▲6四歩で効率よく6筋の歩を伸ばすことが出来ました。(第2図)

 

次の一手

後手は△7二銀と引くくらいですが、▲7四銀△4二金▲6六飛で6筋に戦力を集中させるのが好着想。玉頭に直撃する攻めなので、かなりの破壊力が期待できます。(第3図)

 

次の一手

後手は▲6三歩成を喫する訳にはいきませんが、(1)△6五歩は▲同金上△同桂▲7三歩が痛いですし、(2)△5二金も▲7三銀成△同銀▲4四桂で厳しい攻めが続きます。

第3図は玉の安全度と飛車の働きに大きな差が着いているので、先手が有利と言えるでしょう。後手は反撃するターンがなかなか回ってこないことが辛いですね。

 

 

問題図では、6六の金を繰り出すことが急所でした。ゆえに、▲7四歩が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.7.17)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻め」がテーマです。Let’s challenge!!

 

難易度
(4.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 柔軟な発想が必要です。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA