最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.7.27)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

次の一手

正解は、▲8二歩です!

 

叩きの歩

飛車の頭に歩を叩く手が正解でした!


解説

 

問題図は先手が攻勢に出ている場面ですが、6五の桂を取られることが確定しているので、それに見合うだけの代償を得なければ形勢を損ねてしまいます。

 

叩きの歩

先手はぐずぐずできないので▲7三歩△6三銀▲7二角と強硬策に訴えるのは一案です。以下、△同銀▲同歩成△同金▲7四飛で技が決まっていれば万々歳ですね。

しかし、そこで△8三角という迎撃があり、事は思い通りには進まないのです。(第1図)

 

叩きの歩

桂を取られないようにするには▲6四飛しかありませんが、△7五角で催促されると忙しいですね。これは駒損に見合うだけの戦果が上がっていないので、先手失敗と言えるでしょう。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

叩きの歩

上記の攻め方は駒損であることも問題ですが、それ以上に6一の金を刺激していることが問題です。後手はこの駒が二段目に上がれれば飛車の横利きが通るので、守備力の向上に繋がります。

したがって、問題図ではあの金に触らないような攻め方が求められており、それが▲8二歩なのです!(解答図)

 

叩きの歩

これを△同飛と取ると、▲4六角が快心の一打。こうなると6五の桂が生還するので先手は攻めの継続が楽になりますね。(A図)

よって、後手は▲8二歩に対して△7一飛と辛抱することになりますが、▲5三桂成△同玉▲4一角で馬を作りに行くのが堅実な攻め方です。(第2図)

 

叩きの歩

これには△4二玉と引くのが妥当ですが、▲7四角成がべらぼうに価値の高い一手。後手の主張は駒得だけなので、8五の桂を取ってしまえば先手は悪い部分が無くなります。

後手が桂を守るには△5二角と打つくらいですが、▲6四馬△5三歩▲8六馬で悠然と構えておけば問題ないでしょう。(第3図)

 

この▲8六馬が冷静な一手で、△6三銀を牽制した意味があります。つまり、ここで△6三銀には▲8五馬で桂が取れますね。加えて、次に▲7四歩という狙いを持っていることも見逃せません。

第3図は大駒の効率において圧倒しているので、先手が優位に立っていると言えるでしょう。

 

 

問題図では、8一の飛が受けによく利いていたので、その位置から移動してもらうことが急所でした。ゆえに、▲8二歩が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.7.27)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻め」がテーマです。Let’s challenge!!

 

次の一手

難易度
(1.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 局面が収まると面白くありません。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA