最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.8.13)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「悪手探し」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。問題に齟齬がないように注意しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。形勢の悪化を防ぐことが目的でしたね。

 

選択肢

(A)▲5三歩
(B)▲7八金右
(C)▲7七角
(D)▲2三飛成

(B)です!

 

▲7八金右が悪手でした。


解説

 

まずは、何故この手が悪手なのかを説明します。

 

端攻め

(A)の▲7八金右は囲いを強化した意味ですが、残念ながら効果の高い一手ではありません。なぜなら、△9五歩▲同歩△9七歩がうるさい攻めになるからです。(第1図)

 

端攻め

(1)▲同香は△8五桂と打たれたときに、香取りと△7七歩が同時に残ります。

(2)▲同桂では側面が開いてしまうので、△4九竜と潜られたときに都合が悪いですね。

どちらの変化も、▲7八金右と指した手を逆用されていることが分かります。

 

話を整理すると、▲7八金右は端攻めされたときに、受けとして機能していません。ゆえに、この手は悪手なのです。

 


他の手について

 

上記の変化から読み取れるように、先手は金を7八に上がっても囲いが堅くなりません。したがって、囲いの手入れをせずに攻め合ってしまうほうが良いという考え方はあります。

(D)の▲2三飛成は、そのプランに基づいた一着ですね。(第2図)

 

飛車を動かすと△7六桂が気になるところですが、平凡に▲7七角△8八桂成▲同角と応じておけば問題ありません。(第3図)

 

端攻め

先手は銀を剥されたものの、玉が露出していないので穴熊の堅さは健在です。対する後手玉は次に▲7四桂と打てばあっという間に寄り形を築けるので、囲いの強度には甚だしい差があります。なので、第3図は先手優勢ですね。

 

よって、▲2三飛成には△2二歩で竜を追い返す手が妥当なところでしょう。これには先手も大人しく▲2六竜と引き下がるくらいです。(第4図)

 

端攻め

先手は手番を渡していますが、竜を作ったことや▲6九金型であることから△9五歩には耐性がついています。なので、すぐに自陣が崩されることは無いでしょう。

第4図は互いの玉が簡単には寄らないので、難解な将棋という印象です。

 

また、(A)の▲5三歩は、△同金のあとに▲2三飛成と指せばこれらの変化と似たようなことになるので、これも形勢の悪化には繋がりません。

 

最後に、(C)の▲7七角を解説します。(第5図)

 

端攻め

先手は角の働きで劣っているので、交換することでその関係性を清算しようという意味です。

後手に角を渡すと△7七同角成▲同銀△4八角が気になりますが、この両取りは▲7六飛で受かるので致命的なダメージには至りません。(第6図)

 

端攻め

これも先手の穴熊は乱れていますが、5五の角を盤上から消去したので端攻めの脅威は緩和できています。

後手は次に▲7四桂と打たれると厄介なので、△7三歩と受けるのが候補手でしょう。以下、▲3四歩と伸ばしてどうか。

 

第6図は駒の損得や効率に大きな差はありませんし、お互いの玉がすぐには見えてこないので、難解な形勢と言えるでしょう。

 

 

問題図では、端攻めを警戒することが急所でした。▲7八金はその条件を満たしていないので、悪手になってしまうという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.8.13)

 

冒頭に記したように、今月のテーマは「悪手探し」です。ルールは、以下の通りです。

4つの選択肢の中に、悪手が少なくとも一つ含まれております。それを見つけ出してください。(悪手の数が一つとは限りません)

 

ちなみに、選択肢の全てが悪手ということはありません。つまり、悪手の数は1~3ということになりますね。悪手を見抜いて、局面を適切な方向へ導いてください。

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

選択肢

(A)▲7三銀成
(B)▲7一飛
(C)▲8一飛
(D)▲9八玉

難易度
(3.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 後手が一番指したい手を封じてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA