元奨励会三段が将棋をテーマにあれこれ書いています。

【定跡講座】角換わりを指しこなそう! ~第1章~ ▲4八金・▲2九飛型の攻め筋(4)

どうも、あらきっぺです。先日は藤井聡太新六段の快挙に呆然としました。客観的に見れば、15歳ならアマチュア六段でも十分強いのですが……笑

 

久々の角換わり講座です。いい加減、更新せねばと思っていたところに、読者の方から続編の要望があり、それが後押しになりました。励みになりますね。

記事の内容としては以前に主流だった形を掘り下げているので、今では実戦で出現しにくい面はあるのですが、▲4八金型が▲5八金型よりも勝る理由を理解しておくことは、この戦法を指す上でとても大事なことだと思うので、しばらくはこの内容を続けるつもりです。まずは基礎をしっかり固めましょう。

それでは、本題に入ります。KnightRemain(以降はKRと表示)の形を作った基本図の局面から、どのように攻めるかがテーマでしたね。なお、前回の記事はこちらからどうぞ。

 

今までは、ここから△4二金右や△4三銀と玉を固めて待機する手を検討しました。ただ、どちらの手も金銀が偏った隙を突かれて、後手は芳しくない展開に陥っていましたね。

そこで今回は発想を変えて、△6五歩(青字は主要手順の指し手)と位を取る手を見ていきましょう。ぼんやりとしていて狙いが見えにくい手ですが、油断ならない一手です。(第39図)

 

定跡講座 角換わり
~第1章~ ▲4八金・▲2九飛型の攻め筋(4)

 

KnightRemainからの攻め △6五歩

 

まずは、△6五歩がどのような意味なのかを知りましょう。表面的には▲6六歩と突く手を消して、先手の進展性を奪ったり、▲6六角と打つ攻め筋を消した意味がありますが、真の狙いはそれではありません。

とりあえず、先手は▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛と2筋を交換したくなりますが、この局面に関して言えば、緩手になります。なぜなら、△6四角と打つ手が非常に価値の高い一手だからです。(第40図)

 

ここに角を打つことが後手の狙いでした。この青枠で囲った部分のことを、当ブログでは【羽鶴の陣】(うかくのじん)と呼ぶことにします。

羽鶴の陣について

この形を作ることによって、以下の利点がある。

 

(1)相手の攻撃陣を牽制。
(2)中央の強化。
(3)▲7五歩からの桂頭攻めを防止。

 

羽鶴の陣は防御力が高く、受けの好形と言える。ちなみに、▲2六歩型(△8四歩型)で羽鶴の陣を作れば、桂を跳ねる攻め筋を確保できるので、なお良い。

第40図から、次に△4六角と歩を取られるとKRを破壊されてしまうので、先手は4六の歩に紐を付けなければいけません。しかし、▲4七金では3八に隙が生じてしまいますし、▲4七銀は駒が下がってしまうので不本意です。どちらも△4二金右で待機されると、先手が打開するのは容易ではありません。第40図は、後手の構想通りの展開で、先手不満です。

話が長くなりましたが、△6五歩の意味は、△6四角を打つ手を用意して、羽鶴の陣を作ることなのです。

 

第39図に戻ります。

羽鶴の陣は優れた受けの形なので、これを作られると攻め筋を見出すのが難しいことが分かりました。よって、先手は羽鶴の陣を作られる前に仕掛けを狙うのが正しい方針となります。

それを踏まえると、第39図では直ちに動かなければいけないことが分かります。KRと相性の良い攻め筋はどのような手段でしたか? そう、▲3五歩が急所の突き捨てでしたね。

仕掛けを狙う場合は、まずKnightRemainと▲3五歩のコンボが発動できないかどうかを考えましょう。(第41図)

 

△3五同銀は▲7一角△7二飛▲5三角成で先手優勢。また、△3五同歩には▲2四歩△同歩▲同飛△4三銀▲2三歩で次の▲2二角が受けにくく、やはり先手優勢です。

3五の歩は取れないので、後手は当初の予定通り、△6四角と打って、羽鶴の陣の作ります。これに対して、▲4七銀などで4六の歩を受けると、△3五銀で先手の攻めは頓挫してしまいます。5三の地点が強化されているので、▲7一角が成立しません。

大前提として、△6四角を打たれたときに、大人しく4六の歩取りを受けてしまうと、後手の言い分が通ります。したがって、先手は足を止めずに攻め続けることが要求されています。△6四角には堂々と▲3四歩と取り込みましょう。(第42図)

 

後手は当然、△4六角と歩を刈り取ります。先手は4五の桂が浮いてしまい、忙しくなったように見えますが、▲4七歩△6四角▲4六角が桂を支える好手順です

以下、△4六同角▲同歩までは必然ですが、先手はKRを再生することができました。その局面は、第39図と似ていますが、先手の歩が3四まで伸びているので、攻めが前進していることが分かります。(第43図)

 

後手は△6四角を打ちたいところですが、それには▲1五歩が鋭い一着です。やはり、4六の歩取りを受けないのがポイントです。▲1五歩には△同歩が自然ですが、▲3三歩成△同桂▲1五香△同香▲3四歩で先手の攻めがヒットします。(第44図)

 

第44図では△4五桂と指すくらいですが、▲同歩のときに後手は対応に困っています。△3五銀は▲1三角が王手銀取りですし、△4五同銀右は▲同銀△同銀▲4四桂が両取りなので先手優勢です。
この変化は、後手が抱えている3四の傷を的確に突いていることが分かりますね。

第43図に戻ります。

 

ここで△6四角と打つ手は危険であることが分かりました。理由は、後手は3四の地点が手薄だからです。したがって、その弱点をケアするために△4三銀と引く方が本筋です。

今度は▲1五歩から前述した攻め筋を発動しても、▲3四歩が打てないので成立しません。まだ後手陣を攻め倒すには火力不足なので、▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛で一歩交換して力を溜めましょう。(第45図)

 

ここでも後手は△6四角を打つことができません。なぜなら、▲3三角と放り込む強襲があるからです。以下、△同桂▲同歩成△同銀▲同桂成△同金に▲4五桂や▲5五銀打で攻めが続きます。

ゆえに、後手は△3四銀と歩を払って3筋の脅威を緩和する手が必須ですが、▲7五歩が急所の一撃。銀が囲いにくっついて金銀の配置のバランスが偏ったので、攻撃陣を攻める手が有効な手段になります。後手は△6五歩型が仇となって非常に受けにくい格好ですね。(第46図)

 

後手は桂頭を受けなければいけませんが、△8四飛は▲6一角がありますし、△6三角はさすがに効率が悪すぎて打ち切れないでしょう。よって、△6三金はやむを得ない対応ですが、▲7四歩△同金▲3三歩と畳み掛けていきます。▲7五歩を突いてしまうと自陣も少なからず傷んでしまうので、この歩を突いた後は過激にばりばり攻めて行くのがコツです。(第47図)

 

玉頭に楔を残すわけにはいかないので、後手は△3三同桂と応じますが、そこで桂を取らずに▲7一角が攻めをつなげる好手。5二の金が中央から離れていった隙を突いています。

▲7一角に対して、(1)△5二飛は▲3三桂成△同銀▲4五銀で銀をぶつけるのが分かりやすいでしょう。後手は5二の飛が目標になっていて、収拾困難です。(A図)

 

したがって、▲7一角には(Ⅱ)△7二飛の方が頑張れますが、▲5五銀が目の覚めるようなタダ捨てで、先手の攻めが炸裂します。(第48図)

 

後手は△5五同銀と取れなければおかしいのですが、▲5三角成で馬を作られると、後に▲5四馬や▲6三馬といった両取りが残っているので、受けに窮しています。

しかし、△7一飛と角を取るのも▲4四銀で、3三の地点への殺到が受けにくく後手は支えきれません。第48図は先手の攻めが決まっています。

 

KR 基本図から後手は△6五歩と突いても先手が優勢になることが分かりました。

△6五歩は羽鶴の陣を作ることが目的で、それを実現されると先手は打開が難しくなります。後手に△6四角を打つ余裕を与えないように、素早く攻めることが攻略のカギとなります。

 

 

今回のまとめ

 

・先手は羽鶴の陣を作られると厄介。△6五歩を突かれたら、仕掛けることを考えよう。

KnightRemain+▲3五歩のコンボが有力な攻め筋。△3五同銀と取れない状況ならば、積極的に▲3五歩を突いていこう。

△6四角と打たれたときは、4六の歩は受けない。とにかく、敵陣への攻めを考える。

・後手は△6五歩を突いているので、攻めの桂は意外と不自由な駒だ。▲7五歩で桂頭を狙う展開になれば、先手の攻めは途切れない。

次回はKR 基本図から後手が反撃する手段を検討したいと思います。

 

それでは、また。ご愛読ありがとうございました!

2 Comments

るんるん

待ってました!相変わらず分かりやす過ぎます!並のプロより言語化に長けていますね。
負担にならない頻度で構いませんので、続き待ってます。

返信する
あらきっぺ

ありがとうございます!
少しでも参考になれば幸いです。今後も続けていくので、楽しみにしていてください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA