毎日次の一手(2018.10.8)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

 

注意事項

 

・問題は、あらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

まずは、昨日の解答を記します。

 

正解は、▲6五角です!

馬を消去するために、角を打つ手が機敏な一着です!


解説

 

問題図の局面は、お互いに主張があります。先手は、8筋を高い位置で押さえていること。後手は、馬を作っていることが主張ですね。

 

先手は8筋の位を活かすために、▲8九飛と回る手は考えられます。ただ、そこから△6四歩▲6八金△5一金▲5八金寄△8三馬のように進むと、少しぱっとしない印象は受けます。(第1図)

 

先手が悪いということは無いのですが、このあと、後手に△7四歩→△7三馬で陣形を解されると、先手は8筋を押さえている利点がぼやけてしまいます。

馬が残ったまま持久戦になると、堅さ負けする懸念が生じるので、こういった進行は歓迎ではないのです。

 

つまり、問題図では後手の馬を安定させないような手が求められているのです。それが、▲6五角なんですね。(解答図)

 

これを△6四馬で交換を拒否すると、▲8九飛△7四歩▲8四歩で、後手は8筋をきれいに受けることができません。(第2図)

 

▲8三歩成を受けるには△8六歩か△7二金ですが、どちらの場合でも▲3二角成△同玉▲8三金で飛車が取れるので、先手良しです。

 

解答図に戻ります。

後手は馬を逃げると8筋から攻め込まれてしまうので、ここでは△6四歩で妥協するほうが勝ります。ですが、▲7四角△同歩▲8九飛と進めれば、先手が作戦勝ちですね。(第3図)

 

△7三銀では▲8四歩△同歩▲6三角がうるさいので、後手は△8三歩と受けるくらいです。しかし、そうなると盤上には先手の主張だけが残りましたね。それが、先手作戦勝ちの理由です。

 

問題図では、[先手=8筋の位 後手=馬の存在]という主張がそれぞれありましたが、▲6五角と打つことで、後手の言い分が無くなったことが分かると思います。

相手の主張を潰すことで、リードを奪うテクニックは汎用性が高いので、皆様も実戦で意識してみると良いのではないでしょうか。

 

 

毎日次の一手 (2018.10.8)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

難易度
(3.5)

目的: 良さを求める。

 

ヒント: 隙を作る手を考えてみてください。

 

解答は明日に発表致します。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA