最新戦法の事情【6月・振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.1.28)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持するが目的でしたね。

 

毎日次の一手(2019.1.27)優位

正解は、▲7七桂です!

 

昨日の解答

桂交換を迫る手が正解でした!


解説

 

問題図は先手が銀得していますが、と金を作られていますし、1九の飛も働いていないので、まだまだ安心できない局面です。

 

毎日次の一手(2019.1.27)優位

先手は次に△2六飛と走られる手が非常に厳しいのですが、2六の地点を守ることは、ちょっと難しそうですね。

なので、▲3四歩と突いて後手の飛車を逸らせる手はあるのですが、構わず△2六飛▲3三歩成△同銀と進められると、先手は大変な将棋です。(第1図)

次は△2八飛成が強烈ですが、

(1)▲3八金には、△1八歩。
(2)▲3九金には、△2八角。

という痛打が飛んでくるので、受けは利きません。

 

先手は駒得していることが主張ですが、1九の飛はいずれ取られてしまうので、駒得を誇示しても特に意味は無いのです。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手(2019.1.27)優位

このように、先手は2筋から飛車を成り込まれる攻め筋が強烈なのですが、それを食い止める術も無いということが分かります。

 

つまり、問題図では、△2六飛→△2八飛成という攻めを防ぐのではなく、それを受け入れて、どのように緩和すれば良いのかということが大事であり、その具体的な手段が▲7七桂なのです!(解答図)

 

昨日の解答

これに対して、(1)△同桂成▲同玉△2六飛と指すのは、▲6五桂で先手の攻め合い勝ちが見込めます。7七に玉を移動させたことで、△2八飛成の威力を削いでいることが大きいですね。(A図)

 

また、後手は▲7七桂を無視して△2六飛と走る手もありますが、▲8五桂△2八飛成▲7七玉で、先手は頭一つ抜け出すことに成功します。(第2図)

 

後手は△1九竜で飛車を取るくらいですが、▲7三歩成がべらぼうに価値の高い手なので、これも攻め合い勝ちが濃厚です。先手は自玉の安全を確保しながら攻勢に転じれていることが自慢ですね。

 

問題図では、自玉を左辺に逃げだして、△2八飛成から遠ざかることが急所でした。ゆえに、▲7七桂がそれを実現する一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.1.28)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2019.1.28)優位

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 先手が欲しい駒はどれでしょうか?

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA