最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.8.2)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「悪手探し」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。問題に齟齬がないように注意しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。形勢の悪化を防ぐことが目的でしたね。

 

悪手探し

選択肢

(A)▲7七桂
(B)▲5八金
(C)▲6六角
(D)▲8二角

(B)と(D)です!

 

悪手探し

 

悪手探し

▲5八金と▲8二角が悪手でした。


解説

 

まずは、何故これらの手が悪手なのかを説明します。

 

悪手探し

(D)の▲8二角は馬を作る手を狙って後手を催促した意味ですが、これは危機感の足りない一着で、先手は形勢を損ねることになります。具体的には、△7八飛成▲同玉△5七桂成という強襲がありますね。(第1図)

 

飛金交換の駒得といえども、桂を成らせてしまうと攻めを切らすことは困難になります。例えば、▲3六銀と逃げると△5六角で状況はますます悪化しますね。

 

次に、(B)の▲5八金を見ていきましょう。これは中央を補強して△7八飛成に備えた意図ですが、結論から述べると受けになっていません。

 

悪手探し

なぜなら、ここで後手には△3九角という快打があるからです。先手は▲3八飛と逃げるくらいですが、△5七桂成▲同金△7八飛成で吹っ飛ばされてしまいます。(第2図)

 

▲同玉△5七角成は必然ですが、先手陣は守りの要である金を失っているので収拾困難ですね。玉型が大差なので飛車を貰っても攻め合える態勢にならないことが先手の泣きどころです。

 

話を整理すると、▲5八金や▲8二角では5七の地点に成駒を作られてしまうので、自陣が崩壊してしまいます。ゆえに、これらの手は悪手なのです。

 


他の手について

 

上記の失敗例に共通していることは、6五の桂を活躍させていることです。したがって、先手はこの駒の働きを抑制する手を選ばなければいけません。

(C)の▲6六角は、その条件に合致した手ですね。(第3図)

 

これは、「桂頭の銀」を角で代用した意味です。今度は△3九角と打たれる心配がないので、潰されることはありません。

 

他には(A)の▲7七桂も有力です。こちらの方が角を温存しているのでアグレッシブと言えるでしょう。(第4図)

 

△同桂成▲同銀△7五飛なら後手の狙いが消えているので、▲8二角が打てるようになりますね。

また、単に△7五飛と取る手も考えられますが、▲6五桂△同歩▲7七歩が手堅い受けで、これも先手陣は憂いがなくなっています。(第5図)

 

次は▲6四角や▲8二角、▲4五桂といった手が楽しみですね。後手はそれら全ての狙い筋を同時にケアする手段がないので、第5図は先手満足と言えるでしょう。

 

問題図では△7八飛成という攻め筋を喫しないようにすることが急所でした。▲5八金や▲8二角はその条件を満たしていないので、悪手になってしまうという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.8.2)

 

冒頭に記したように、今月のテーマは「悪手探し」です。ルールは、以下の通りです。

4つの選択肢の中に、悪手が少なくとも一つ含まれております。それを見つけ出してください。(悪手の数が一つとは限りません)

 

ちなみに、選択肢の全てが悪手ということはありません。つまり、悪手の数は1~3ということになりますね。悪手を見抜いて、局面を有利な方向へ導いてください。

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

選択肢

(A)▲6四歩
(B)▲1八香
(C)▲8八銀
(D)▲3八飛

難易度
(3.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 6筋の位が機能しない展開を目指しましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



2 Comments

Sun_say

(A)7七桂に対しては、△9五角!が手筋だと思うのですが、成立しないのでしょうか?

返信する
あらきっぺ

(A)の▲7七桂に対して△9五角はこの戦型では頻出の攻め筋ですが、この場合は強く▲9六歩と催促する手が成立します。

後手は角を撤退する訳にはいかないので△7七桂成と突っ込んできますが、▲同金△同飛成▲同銀△7六桂▲7八玉で余しています。

毎日次の一手

ここから△7九金が気になりますが、▲同玉△7七角成▲6九玉で問題ありません。

この変化は後手に成駒の侵入を許していますが、

(1)中央から食い破られた訳ではないので、右辺へ逃走できる。
(2)持ち駒が飛角金桂と揃っているので反撃したときの威力が高い。

という点から失敗例の変化とは大きな違いがあります。ゆえに、△9五角は恐れる必要はないでしょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA