最新戦法の事情【8月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.9.9)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。勝勢に持ち込むことが目的でしたね。

 

正解は、▲7四馬です!

 

馬を寄って王手を掛ける手が正解でした!


解説

 

問題図は先手が駒損しているものの、自玉が広く余裕があるので一手勝ちが期待できる局面です。

 

最優先

平凡に指すなら、▲7二とで銀を取る手が見えますね。確かにこれで良ければ話は明瞭です。

しかし、それには△4五銀が詰めろ逃れの詰めろになってしまいます。(第1図)

 

最優先

△5六金▲6八玉△5九馬という詰み筋が生じているので、先手は直ちに6一の金を取ることが出来ません。かと言って、ここで▲6六玉などで手を戻してしまうと、△7二金で駒損が残ってしまいます。

第1図では▲7四馬△4二玉▲6一とが最善の対応ですが、△7三歩が嫌らしい打診ですね。(第2図)

 

最優先

先手は5六への利きを残しておく必要があるので▲6五馬が妥当なところですが、△5四金で再度、馬を狙われると逃げ場が難しいのです。後手は5五に金を設置できれば先手玉を包囲することが出来るので、中央を手厚くする価値がすこぶる高くなっています。

第2図は手番を取られている上に、後手玉が遠のいているので先手は本意ではない進行と言えるでしょう。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

最優先

上記の失敗例から読み取れるように、後手は△4五銀で桂を取る手が、彼我の体勢をひっくり返すジョーカーになっていることが分かります。

したがって、問題図では、その手の威力を打ち消す手段が求められており、それが▲7四馬なのです!(解答図)

 

最優先

3三への逃げ道が塞がっている間に王手を入れるのが大事です。このタイミングなら後手は△6三歩と打つしかありません。それから▲7二とで銀を取るのが正しい順番となります。

今度は△4五銀が詰めろにならないので、安心して▲6一とを指すことが出来ますね。(第3図)

 

ご覧の通り、△5六金を無効化しているので後手は受けに回らざるを得ません。そうなると△4二玉が一案ですが、▲3五金が手厚い攻防手で先手の勝利が見えてきました。(第4図)

 

最優先

この手は理屈としては、第2図の△7三歩とよく似ています。このような相手の攻防に働いている駒を攻撃する手は、効果が高いケースが多いですね。

後手は4五の銀を失うと絶望的ですが、△3四金と守っても▲4五金△同金▲3四銀で五十歩百歩です。

第4図は玉の安全度に小さくない差が着いているので、先手の一手勝ちが望める局面と言えるでしょう。

 

問題図では、7四に馬を配置することが最優先事項でした。ゆえに、▲7四馬が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.9.9)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

難易度
(3.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 許してはいけない手を見極めてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA