最新戦法の事情【8月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手 (2019.9.12)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

正解は、▲8二銀です!

 

相居飛車

手が正解でした!


解説

 

問題図は後手の攻め駒が自玉にどんどん向かって来ているので、先手はここで踏みとどまれないと、一気に形勢を損ねてしまいます。

 

相居飛車

無条件で△8七飛成を実現されては絶望的ですね。なので、▲7九桂と受けておくのは一案ではあります。

ただ、これは△5六成銀▲同歩△6六銀でプレッシャーを掛けられると支えきれません。(第1図)

 

これは△8七飛成▲同桂△6七桂成がメインの狙いです。先手は8七の地点で数的優位の関係を作られているので、それを阻止するのは困難ですね。例えば、▲7八銀と受けても△8七桂成で焼け石に水と言えるでしょう。

 

改めて、問題図に戻ります。

相居飛車の終盤

先述したように、先手は△8七飛成を防ぐ必要があるのですが、受け一方の手では後手の攻めを受け止めることが出来ません。後手の攻め駒が4枚以上あることがその要因ですね。

したがって、問題図では△8七飛成を防ぎながら攻めに転じる手が求められており、それが▲8二銀なのです!(解答図)

 

相居飛車

これは△同飛だと▲7四桂△5二玉▲8二桂成で飛車が取れるので、先手は自玉を安全にすることが出来ます。(A図)

また、飛車が逃げると▲7三角で王手成銀取りが掛かるので、これも先手が良いですね。

よって、後手は▲8二銀には手抜きで攻め合うより道はありません。そうなると△5六成銀▲同歩△6七金打▲5九玉△5七銀が考えられる進行ですが、▲4九玉と早逃げしておけば問題ありません。(第2図)

 

相居飛車

先手は5八の金を失ってしまいますが、3八→2七と逃げていけるので安全を確保しています。

ここから後手は△5八金▲3八玉△3一飛と指すくらいですが、▲5五桂から挟撃態勢を築けば寄せが見えてくるでしょう。第2図は玉の安全度に差があるので先手が優勢と言えます。

 

相居飛車の終盤戦では、相手の飛車を狙う手が有効な攻防手になるケースが多々あります。なぜなら、飛車は攻撃力の高い駒なので寄せに役立つことは言わずもがなですし、そうすることで自玉を安全にする意味も兼ねているからです。

 

解答の▲8二銀も、その例に漏れない一着でしたね。

 

 

毎日次の一手 (2019.9.12)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: △6七金を逆用してください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA