最新戦法の事情【振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.3.8)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

将棋次の一手

正解は、▲7八玉です!

 

受け

じっと玉を寄る手が正解でした!


解説

 

問題図は、先手が3歩得していることや、7四の拠点の存在感が大きいので、反撃の機会が巡ってくれば、多大なリターンを得られる局面です。とは言え、現実的にこの王手飛車を対処しなければいけません。

 

将棋次の一手

後手は、飛車を取って△6八飛と打つ王手金取りの筋と、△5四歩と突いて飛車を召し取る複数の狙いを持っています。

それらを同時にケアするなら▲7七銀が一案ですが、△5五角▲同銀△6七銀がうるさいですね。(第1図)

 

次に△7八飛を打たれてしまうとKOです。防ぐとすれば、▲7八角くらいですが、これでは自信を持てないでしょう。

 

改めて、問題図に戻ります。

将棋次の一手

確かに、▲7七銀と打てば自陣は堅くはなります。けれども、先手陣は元々、金銀がバラバラなので、今さら金駒を投資しても自陣を引き締めることができないのです。

 

つまり、問題図では堅さを求める手ではなく、陣形の広さを活かす受けを展開するほうが得策であり、それが▲7八玉なのです!(解答図)

 

受け

玉を寄ることで、6七や6八に駒を打たれる隙を消していることが、先手の自慢です。

ここから、△5五角▲同銀と進んだ局面は、先手が危なっかしいように映りますが、案外、厳しい攻めが来ないのです。(第2図)

 

(1)△2八飛は、▲3八銀で無効。

(2)△5九飛は狙いが無いので、▲7三銀で攻め合えば先手が優勢です。(A図)

 

改めて、解答図に戻ります。

受け

このように、後手は飛車を取っても効果的な攻めが繰り出せないので、△5四銀▲2五飛△9九角成で香を取る攻めも考えられます。しかし、堂々と▲6四歩と取り込むのが、相手の攻めを恐れない好手です。(第3図)

 

次は、▲7三銀や▲6六桂がすこぶる厳しいですね。

後手が攻めるとすれば、△8四桂▲7七金△7六香くらいですが、▲6八玉と早逃げしておいて、ノーダメージです。右辺が広いので、先手玉は捕まる形がありません。

 

第3図は、玉の安全度に差が着いているので、先手が優勢です。

 

問題図では、自玉を金銀へ近づけて防御力を高めることが急所でした。ゆえに、▲7八玉が有効な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.3.8)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

次の一手

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 自玉の狭さに注意を払ってください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA