最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.9.24)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

攻防手

正解は、▲3四銀です!

 

攻防手

銀を打って敵玉にプレッシャーを掛ける手が正解でした!


解説

 

問題図は、金銀を保有している数が大差なので先手が良い局面ですが、囲いが不安定なので注意を払う必要がある局面です。

 

攻防手

先手は次に△7七桂と打たれてしまうと、いきなり玉が危険な状態になってしまいます。

なので、▲6六角と攻防手を放つ手が見えるところですが、「角には角で対抗せよ」という格言通り、△5五角で対処されるとしっくり来ません。(第1図)

 

攻防手

相変わらず△7七桂と打たれる狙いが残っているので、▲6六角が効果の乏しい一手になっています。先手としては、もう少し価値の高い手を模索したいところですね。敵玉に対して迫れていないことも懸念事項です。

 

改めて、問題図に戻ります。

攻防手

先手は△7七桂を受けるだけなら▲7八銀などが挙げられますが、これも△5五角と打たれると、香取りや7一の金取りが残るので芳しくありません。そもそも、受け一方では後手玉に嫌味が無いので攻めに専念されてしまいます。

したがって、問題図では△7七桂を防ぎながら後手玉に迫る手が求められており、それが▲3四銀なのです!(解答図)

 

攻防手

これに対して△7七桂と放り込むと、▲4四角で回収できるので無効です。(A図)

なので、後手は逆に△7七桂を打てる状況にしなければいけません。そうなると△4三歩と守るのが一案ですが、[▲3四銀⇔△4三歩]という交換は、攻めの手掛かりを作った先手が得をしました。それに満足して▲6六角△5五角▲7八銀で受けに回っておきましょう。(第2図)

 

攻防手

ここで後手は△6六角▲同歩という利かしを入れる権利を持っていますが、先手は6七の歩が移動すれば玉が広くなりますし、将来的に▲5六角と打つ手が攻防手になる楽しみもあります。

よって、ここでは△8六桂と打って攻め合いを挑むのが自然ですが、それには▲5五角△同歩▲4五角でこちらも負けじと敵玉に迫るのが好判断です。(第3図)

 

攻防手

これはシンプルに▲2三銀打が狙いですが、後手は金気を持っていないので受けが難しいですね。△7八桂成▲同玉で銀を入手することは出来ますが、桂を渡すと▲1五桂の応援がキツいので、根本的な解決には至りません。

また、ここで△3一桂で足し算するのは、▲3三歩△同桂▲2三歩△同桂▲4二銀が流麗な攻めで、寄せ切ることが出来ます。(B図)

第3図は自玉の安全性を保ちながら寄せに転じることを実現しているので、先手が優勢と言えるでしょう。

 

 

問題図では、手番を握りながら△7七桂を阻止することが急所でした。ゆえに、▲3四銀が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.9.24)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

攻防手

難易度
(4.0)

目的: 勝勢に持ち込む。

 

ヒント: 欲しい駒を取りに行きましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA